【QC検定練習問題】【3級】”異常とその処理”

QC検定3級練習問題

【QC検定練習問題】【3級】”異常とその処理”

※QC検定のおすすめ参考書と過去問題集はこちらで紹介しています。

【 問題1 】

  異常とその処理に関する次の文章から、【    】内に入る適切なものを下欄の選択肢から一つ選びなさい。

  ライン内で製造される部品に異常が発生しているかどうか正確に判断する為、検査基準を明確に決めておく必要がある。その為、QC工場では寸法精度を要求される部分の寸法について±0.3の【 ① 】である事、又、検査場の照明の明るさについて【 ② 】以上と定めた。

  ライン内で異常のある製品が発見された場合、まずはラインの稼働を止め異常のある製品をこれ以上作らない事が大切である。そして【 ③ 】にも異常のある製品が混ざっていないか確認をする。又、出荷済み製品にも異常が混ざっている可能性があれば客先に連絡し対応方法を協議する必要がある。

  異常のある製品を修理し製品として出荷する場合は、修理した【 ④ 】を残しておく事が大切である。こういった製品は通常の製造工程を経ておらずイレギュラーな扱いとなる為、思いがけない不具合が市場で発生する可能性がある。そういった事態に備え製造番号や製造ロット・症状・修理内容などを記録し一定期間保管しておく必要がある。

  ライン内で異常が発見された際に行う【 ⑤ 】が完了したら異常が発生した原因を突き止め根本的な対策を実施する。この対策がおろそかになると同じ異常が再度発生する可能性があるので特に重要である。又、異常の内容やその原因は他工程にも関係する可能性がある為、【 ⑥ 】を行い同様の異常が発生しないように努める必要がある。

【 ①の選択肢 】

  • ア. 誤差内
  • イ. 公差内
  • ウ. 偏差内
  • エ. 交差内

【 ②の選択肢 】

  • ア. 500㎛
  • イ. 500㏓
  • ウ. 500㎟
  • エ. 500ppm

【 ③~⑥の選択肢 】

  • ア. 予防処置
  • イ. 完成品
  • ウ. 水平展開
  • エ. 標準展開
  • オ. 廃棄品
  • カ. 垂直展開
  • キ. 履歴
  • ク. 根本
  • ケ. 市場調査
  • コ. 応急処置

※答えは次ページ