【QC検定練習問題】【4級】”プロセス(工程)の考え方”-③

QC検定4級練習問題

【QC検定練習問題】【4級】”プロセス(工程)の考え方”-③

QC検定4級の練習問題については、下記リンク先の資料に基づき作成しています。
→ 般財団法人日本規格協会(JSA) QC検定 4級用テキスト(4級の手引き)

※QC検定のおすすめ参考書と過去問題集はこちらで紹介しています。

【 問題1 】

 4Mに関する次の文書において、【    】内に入る適切なものを下欄の選択肢から一つ選びなさい。各選択肢は複数回用いても良い。

 1、製品を製造する際、板金の抜き加工→ブレーキ加工→カシメ加工→メッキ加工の順で作業を行っていたが、カシメ加工で使用される部材はメッキ不可だった為、カシメ工程とメッキ工程の作業順序を入れ替えた。 これは4Mの内、【 ① 】に該当する。

 2、パンの具に使用しているイチゴは、これまでオランダから輸入していたが供給量が安定しなかった為、米国から輸入するよう切り替えた。 これは4Mの内、【 ② 】に該当する。

 3、品質管理責任者が定年を迎え退職することになった。その為、同じ品質グループの社員を品質管理責任者に任命した。 これは4Mの内、【 ③ 】に該当する。

 4、工場の老朽化が深刻であった為、隣の敷地に新工場を建て全ての生産ラインを移動させた。 これは4Mの内、【 ④ 】に該当する。

 5、センサーの精度調整を行う作業者が半年間休業する事になった。その為、他工程の作業者に作業を覚えさせ対応した。これは4Mの内、【 ⑤ 】に該当する。

 6、溶接を行う際、これまではアーク溶接を行っていたが半自動溶接を現場に取り入れ作業効率を向上させた。 これは4Mの内、【 ⑥ 】に該当する。

【 ①~⑥の選択肢 】

  • ア. Man
  • イ. Machine
  • ウ. Material
  • エ. Method

※答えは次ページ